Information

51f25b65 f642 4b76 a950 e9eedf3819e1
  • 作者
  • User image default rayy
  • 作品リンク
  • 51f25b65 f642 4b76 a950 e9eedf3819e1 grapel
  • 概要
  • ここ最近でe-sportsが登場し、ゲームで稼ぐという新しい価値観が出てきました。しかしこれはプロゲーマーになると決めた人達だけで、まだ一部の人にしか広まっていないのが現実です。そんな中生まれたのがgrapelです。grapelとはゲームを遊んでランキングを登録するプラットフォームのこと。凄いところはランキング上位者に景品という形で収益に応じて還元をし、「ゲームで稼ぐ」を当たり前にできることです。

  • タグ
  • こだわり・開発背景
  • 今までのゲームは楽しむだけの要素しかありませんでした。ゲームで遊び、時間を使う。そして楽しさという体験を得る。しかし、ここ最近でe-sportsやゲーム実況が登場し、ゲームの新しい価値が登場してきました。ゲームで遊び、楽しさだけではなく、景品やお金という収益も手に入れる。たが、これはプロゲーマーになると決めた人達の中だけであって、まだまだ一部の人にしか広まっていない。

    一般の人たちには、ゲームで遊んで稼ぐということが当たり前になっていない。その原因は、収益を得る方法がまだまだ一部の人達の為だけにあるからだと思います。

    「ゲームで遊ぶことで対価が手に入る」を当たり前にするプラットフォームを作っています。grapelはゲームの作成者と利用者を対価を通してつなげるプラットフォームです。一つのゲームに対して一つのキャンペーンとして、数々のキャンペーンを行います。キャンペーン毎にゲームからスコアを取得してランキングを表示させるシステムがgrapelです。

    ユーザはキャンペーン中のゲームで遊ぶだけでスコアが登録され、ランキングとして表示されます。そのランキング順位とキャンペーンの参加者数に応じてゲームの利益の中から、ユーザに景品という形で還元をします。

  • 開発環境
  • python, django, mysql, coreserver, webgi

  • 制作期間
  • 2018年10月にgrapelの開発スタートと同時にpython, djangoの勉強をスタートし、2018年12月にgrapelをリリース。
    その後、機能追加などを行っております。
    リリースまでの開発期間:約2か月
    運営期間:約9か月

  • 学習方法
  • 会社の社内システム開発開発をするために、2017年4月にrailsを独学で学習したのがきっかけです。
    railsの学習にはprogate、dotinstall等のサービス、djangoの学習には公式チュートリアルを使用して学習をしていました。
    しかし、学んでいくうちに高度な技術が必要になり、最近では公式ドキュメント、スタックオーバーフローで必要な部分のみを参照して使うことがほとんどです。